ホットヨガで消費カロリーを上げる

ホットヨガで1時間レッスンを行って
消費されるカロリーは約330キロカロリーと
いわれていますが、実際はもっと少ないのでは
ないでしょうか。


では、どうしたら消費カロリーが増えるのでしょう。
一般的に基礎代謝量を上げて有酸素運動をすると
消費カロリーが増えるのですが、基礎代謝量を
増やすのがとても難しいといわれています。


ホットヨガの考え方は、基礎代謝量をふやし、
有酸素運動で脂肪燃焼をさせて、内臓脂肪を
減らす効果的な考え方なのです。


基礎代謝量とは、身体が活動するための
エネルギーのことで、そのほとんどが
筋肉が担っています。


例えば、呼吸をするのも、心臓を動かすのも
食べ物を消化するのも、歩くことも
食事をする事もすべて筋肉が動いて行われます。


なので普段と生活習慣や老化で落ちたり使わなくなった
筋肉に再び刺激を与え筋肉を目覚めさせれば、
基礎代謝量は必ず上がってきます。


普段使っている筋肉は脂肪がついていないです。
なので基礎代謝量をこれ以上増やすのは難しいです。


人間の骨格筋は430部位ほどあるそうです。
そのうちの何か所の筋肉を使って
生活しているでしょうか。


普段あまり使っていない筋肉がたくさんあります。
ホットヨガの不安定なポーズはそんな使っていない
筋肉に刺激を与え使っていない筋肉を強化します。


なのでホットヨガをする事で、基礎代謝量を
増やすことができるのです。
1動作1呼吸の原則で行うホットヨガは
しっかりとしたポーズをとることで
とても良い有酸素運動になります。


また、ホットヨガのポーズの中には、
内臓にも働きかけるポーズがたくさんあります。
内臓の汚れた血液を出して綺麗な血液を内蔵に
送ることで、内臓が元気になり内臓脂肪まで
なくしてくれる効果があります。


ホットヨガをする事で、基礎代謝量を増やして
消費カロリーを増やし、太りにくい身体になります。
初めてすぐに結果が出るものではありません。
続けることが大切です。